研究テーマ:住まい手の生活にAdaptableな住環境の実現に向けた実践的研究

 

 

研究室概要

 大阪公立大学大学院生活科学研究科・住環境計画学研究室は、2022年4月に設立された新しい研究室です。教員1名、修士1回生1名、4回生1名で研究活動をスタートさせました。

人々の暮らしやその変化に合わせて、柔軟に順応していくことで長く使い続けられるAdaptable(アダプタブル)な住環境の実現に貢献することを目指し、大阪・京都を中心とする研究フィールドで実践的な研究を行っています。ここでAdaptableとは、「順応できる、適応できる」の意味です。単に可変性を確保できれば良いと言うのではなく、住まい手の生活と空間の対応関係を科学する研究室です。

 本研究室では実践的研究を主たる研究手法として掲げています。研究の成果を実践へ、実践の成果を研究へと反映していくことを繰り返すことにより、学術的にも実践的にも有益な住環境のあり方を模索していきます。また、設計しながら研究するというスタイルも大事にしており、設計競技(コンペ)などへの参加も推奨しています。

研究内容の例

  •  可変型住宅のアダプタビリティに関する研究

  •  中間領域を有する環境配慮住宅の計画に関する研究

  • 地域のまちづくりと連携した集合住宅団地の再生に関する研究

研究室メンバー

教員:土井脩史(講師)

学生:大学院生1名、学部4回生1名

※2022年度は住生活学研究室(小伊藤研究室)と合同でゼミを実施しており、共同で様々な研究活動を行っています

 

研究室の活動について

  • 全体ゼミは週1回を基本とする

(小伊藤研と合同ゼミ:金曜2限/土井研ゼミ:金曜3限)

  • その他に、プロジェクトゼミや勉強会、個別研究相談も適宜実施

  • 住宅やまちづくりの事例見学会やフィールドワークなども随時開催する

  • 設計競技(コンペ)への応募などの設計活動も推奨している

 

配属検討中の学生へ

 住環境計画学研究室の募集は3名です。当研究室に興味を持ってくれた学生は一度面談にお越しください(対面でもZoomでも可)。研究室に在室している場合はいつでも面談に来ていただいて構いませんが、事前にメール(s-doi@omu.ac.jp)などをいただけると確実です。

 

大学院生の募集

 学内外を問わず大学院生(修士課程)を募集しています。当研究室にご関心のある方は土井脩史(s-doi@omu.ac.jp)までご連絡ください。

研究室の紹介スライド

 研究室の紹介スライドです。スマホの方はこちらのリンクを御覧ください。
 研究室のスライドリンク